Career Booster
利用規約
トップページへ戻る
 
 

株式会社ソシオリンク・キャリア・ブースタサービス利用規約(以下「本規約」という)は、株式会社ソシオリンク(以下「甲」という)と、甲との契約企業(以下「乙」という)が、株式会社ソシオリンクの提供するサービス、商品(以下「商品」という)を利用する際の基本利用規約です。

第1条(利用規約)
乙は、本規約内にて定められている内容を熟知し、厳守することにより甲との契約が成立する事とする。

第2条(商品)
商品とは、本規約に同意した乙が甲と交わした契約により甲から乙に提供されるサービス、品物、システムの事を示す。

第3条(商品の範囲)
甲より乙に提供される商品は、甲と契約を結んだ直接的な乙のみが乙の企業名、サービス名及び名前を明記した上で使用できる。又、乙は、甲の許可無しに甲より乙に提供される商品を第三者へ提供する事は出来ない事とする。

第4条(システムの運営と範囲)
甲が乙に提供するコンピュータシステム(以下システムと訳す)の運営と管理は甲が行うものとする。但し、甲の管理下に置かれておらず、甲が操作不可能な全てのシステム、商品に関してはこれに該当しない。

第5条(システム利用権と利用料)
1・システム利用権とは、商品を使用する又はサービスを利用する権利であり、甲の定めた1設置(商品の場合)又は1サービス利用(サービスの場合)を1権利とする。
2・利用料とは、1顧客(企業)が希望する1システム利用権に対する対価である。
3・超過料金とは各商品の定められた上限を超える利用を行った場合に課される料金である。

第6条(設備、通信費、求人情報作成費等)
1・商品を利用するために必要な乙側のコンピュータ端末、通信機器その他の機器及び接続等は全て乙の費用と責任において行う事とする。
2・商品の利用に伴う通信費等の費用については、乙の負担とする。
3・商品の利用に伴うコピー、文章作成費、写真撮影・編集費等の費用については、乙の負担とする。

第7条(利用の開始)
乙は甲との利用等の基本契約を交わし、開始時に契約料・システム利用権料等の課金が設定されている場合は、甲の定めた方法にてそれらの支払いが確認された後、甲によるシステムの設定が終了し次第商品の利用を開始出来る事とする。

第8条(システムが止まった場合)
予測不可能(地震・システムの破損・その他の災害等)な事態が発生し、第4条で示される甲の運営・管理するシステムが止まった場合、又はシステムの更新が必要な際は、甲は速やかにシステムを復旧させなければならない。但し、緊急を要する場合はこれに該当しない事とする。又、システム停止時に損害金が発生した場合においても乙は甲に請求は出来ない事とする。

第9条(商品提供の中断)
甲は、次の各号の何れかに該当する場合には、乙に事前に通知することなく、当該事象が終了し、商品の提供が可能になるまでの間、一時的に商品の提供の一部又は全部を中断する場合がある。
1・商品の保守点検を定期的又は緊急に行う場合
2・火災、停電などにより商品の提供が出来なくなった場合
3・天災地変、通信事業者のシステム停止、通信回線の障害その他甲が操作不可能な全ての事由により商品の提供が出来なくなった場合
4・その他、運用上甲が一時的な中断を必要と判断した場合

第10条(商品提供の中止)
甲は、天災、地域紛争、その他やむを得ない理由により商品の提供を中止する場合があり、この場合は、2週間前までに乙に通知することにより、商品の提供に関する契約は全て終了し、甲は乙に対するすべての責任を免れるものとする。ただし、すでに支払い済みの料金については、各商品提供期間及び利用状況の割合に応じて返還する事とする。

第11条(データの保証)
甲は、第4条で示されるシステムの破損、通信網の障害等、何らかの予測不能な原因により失われたデータの保証は行わない。又、このために損害金が発生しても乙は甲に請求は出来ない事とする。

第12条(データの復元)
乙は、求人情報、求職者情報、求職者とのやり取り等、甲の提供する商品を利用した上で扱う全てのデータは、自己の責任において管理を行う事とする。甲は、乙により消去されたデータの復元は原則的に行わない事とする。

第13条(ログイン名及びパスワードの管理)
乙は、発行されたログイン名及びパスワードを自己の管理において管理することとする。甲はログイン名及びパスワードを紛失する事により起こった問題、紛争に一切責任を負わない事とする。

第14条(システムの更新)
甲は乙の是非を問わず第4条で示されるシステム、又は商品のデザイン等の変更・更新を行う事が出来る。デザインの変更による掲載位置の変更、広告効果・応募者数への影響、及び更新に伴うシステムの停止等が原因により損害金が発生して場合においても、乙は甲にその損害請求は出来ない事とする。

第15条(個人情報保護)
乙は甲の提供する商品を利用した上で知りえた全ての求職者に関する情報を、乙の責任のもと、管理、破棄を行う事とする。又それらの情報の第三者への開示提供を固く禁じ、甲は乙の管理下にある求職者情報の漏洩、第三者への開示等が原因により発生した問題、紛争に対して一切責任を負わない事とする。

第16条(ウイルス感染等の被害)
甲の提供する商品を利用した上で、求職者の提示する作品、添付ファイル、ビデオレジュメ(履歴書)等の閲覧を行う場合において、それらの全ての扱い及び操作は乙の責任の範囲において行う事とし、乙の利用するシステムに何らかの危害を与えるウイルス等のプログラムに感染した場合においても、甲は一切責任を負わない事とする。

第17条(優先掲載)
優先掲載とは、優先的にその対象情報を掲載する事を示し、特定の掲載位置への掲載を保証するものではなく、その掲載位置は甲により決定される事とする。

第18条(人材確保の保証)
甲の提供する商品は、それを利用した乙による人材の確保を保証するものではなく、甲は乙が人材の確保が行えなかった場合においても一切責任を負わない事とする。

第19条(求人情報の提示、及び求職者への指示)
甲の提供する商品を利用した上で、求職者に対しての求人情報・労働条件の提示、対面面接、電話面接、面談、履歴書の提示指示等全ての求職者に対して情報提示、及び質問、指示、要求は乙の責任において、法律、常識に準じて行う事とする。甲は乙と求職者との間で起こった全ての問題、紛争に一切責任を負わない事とする。

第20条(他国での求職者への情報提示、指示)
甲の提供する商品を利用した上で、日本国外において求職者への情報提示及び求職者とやり取りを行う場合、乙の責任において各国の法律、常識に準じて行う事とする。甲は乙と求職者との間にて起こった全ての問題、紛争に一切責任を負わない事とする。

第21条(求人情報・広告の作成と画像の利用)
乙は、甲の提供する商品を利用した上で掲載を行う求人内容、コピー、写真、画像等の全てのデータは、第三者の肖像権、著作権を侵害しないデータ、及び肖像権、著作権を有する第三者よりその利用が認められたデータのみを登録可能とする。甲は、乙が第三者に肖像権、著作権の属する文章、コピー、画像等を登録する事により起こった全ての問題、紛争に一切責任を負わない事とする。又、乙がそれらのデータを登録する事により、甲が損害を被った場合、甲はその処理に際して受けた金額を積算し乙に請求出来る事とする。又、乙はこれを支払わなければならない。

第22条(求職者との連絡)
乙は、甲の提供する商品を利用した上で知りえた全ての求職者と、甲の許可無く甲を通さず乙による採用以外の目的で連絡を行うことは出来ない事とする。又、乙が直接的、間接的を問わず、甲の許可無く乙による採用以外の目的で求職者と連絡を行った場合、甲は乙に対して被った損害を請求する事ができる。

第23条(求職者の提示内容での相違)
甲は、求職者提示の履歴書、経歴、内容、条件等、求職者から提出もしくは発せられた内容に相違があった場合においても、乙による面接・面談時、採用前、採用確定後を問わず一切責任を負わない事とする。

第24条(著作権について)
甲が提供する全ての商品に関するデータの著作権は甲に属す。又、甲は乙の是非に問わず法律の許す範囲内においてこれらのデータを出版、販売する場合がある。

第25条(契約の破棄)
乙が下記の条項にあてはまる場合は、甲が一方的に乙との契約を、契約期間に関わらず解消する事が出来る。
1・虚偽の申請、報告をした場合。
2・サービス利用規約に違反する行為を行った場合。
3・社会倫理上著しく不適切な行為を行った場合。
4・その他、甲が不適切な行為と判断した場合。
5・商品の利用意思を持たずに商品を導入した場合。又はそう判断される行為。
6・システム利用権料の支払いがなく、請求を行ってもその支払いがない場合。

第26条(禁止事項)
1・甲により定められた目的以外に乙が商品を利用する行為。
2・甲の運営するシステム、サーバの負担となる行為。
3・甲より提供されたソフトウエアの変更、又は改造。
4・情報掲載時の規約内容に反する内容の情報掲載。
5・不正アクセス、又は通常行われない違反行為等を、故意に行う行為。又はそう判断される行為。
6・甲より提供されたソフトウエアの複製、無断公開、又は無断利用。
7・甲より提供されたソフトウエア、サーバ内データ等を利用した著作権違反と判断される行為。
8・甲の定めたソフトウエア以外でのサービスの利用。
9・商品内に登録した情報(データ)の放置、又は管理不届きと思われる行為。

第27条(損害賠償)
第15条、第21条、第22条、第25条及び第26条のいずれかの項に違反した場合、甲は乙の是非を問わずデータを消去する事ができ、損害を受けた金額を積算し乙に請求出来る事とする。又、乙はこれを支払わなければならない。

第28条(責任の範囲)
乙が商品を利用する事により求職者もしくは第三者と生じた一切の問題への責任は乙の責任の範囲である。又、甲はそれらの問題へ一切責任を負わず、全ての損害賠償は乙の負担とする。

第29条(問題時の情報公開)
乙と第三者の間で発生した問題に際して、該当問題に関する情報の公開を甲は行う事とする。但し法令に基づく正式な公的機関よりの情報公開申し込みの場合はこれに属さない。

第30条(契約社名)
甲は乙の是非に問わず契約社名を公開する場合がある。

第31条(商品提供の持続)
甲が理由の如何にかかわらず、商品の提供を持続できない場合、甲は商品への責任は負わず、又乙は甲へ商品の返品、返金、又は損害賠償の請求出来ない事とする。

第32条(機密保持)
乙は、商品利用契約時に知り得た甲の業務上の機密を法令に基づく場合を除き、第三者に漏らす事はできない。 又、契約の終了時において甲及び乙は相互に自己の機密情報の返却を請求した場合には、直ちに当該機密情報の原本及びその複製・複写の全てを返却しなければならない。

第33条(代金の支払い)
乙は、利用する商品利用料金を甲の請求に基づき、甲が指定する支払い方法により支払う事とし、この場合の手数料は、乙の負担とする。又一旦受領した商品利用料金は、第10条に定める場合を除き、いかなる理由があっても一切返還しない事とする。

第34条(契約の期間)
契約の締結日より各商品契約時に甲により定められた期間を契約期間とする。

第35条(掲載期間・契約料・利用料・超過料金)
別紙契約書の通り。

第36条(利用料・超過料金の請求)
甲は, 商品サービスシステム内に蓄積された利用データ―を基に計算し乙に請求する。

第37条(管轄裁判所)
本規約、商品に関する全ての紛争、訴訟については、甲の指定する裁判所を管轄裁判所とする。

第38条(規約内容の変更)
甲は乙への通知無く本規約の内容を変更する場合がある。

会社概要利用規約プライバシーポリシーお問い合わせ求職者の方はこちら Copyright © 2005-2020 Sociolink Co., Ltd.